ぽじトーク!※ある流浪のマーケターのポエミーブログ

ポジションではなく、ポジティブトーク。

観光資源は、観光資源化していなければ、ただの地元のモニュメント

観光周りのマーケティングに気を付けていると、たまに「わが街は観光資源が豊富で、今後の観光を盛り上げます」的なことを耳にします。

まぁ、「〇×市観光ビジョン」あたりでも、そんな事を述べて、観光地の広告宣伝の話に展開されたりしていますが、結構ありがちなのは、

  • TripAdvisorの口コミがヒトケタ前半
  • 周囲(国内、国外)に聞いても誰も、どこにあるかも知らない

といった所でしょうか。

そして、お得意のRESASを見てみると、滞在人口が動いている気配がないというか、むしろ昼間人口は周辺地域より減っているというケース。

つまり、データ上は単なる住宅地。観光資源と言っているものは、単に地元のモニュメントに過ぎなかったりするわけです。

観光資源化が全然されていないわけです。これを売り出して、人を呼ぶのは結構大変です。まずは人が来るような意味のある面白いストーリーを組み立てる必要がある。

当然、観光客は1日1か所めぐって終わり、なんて時間の使い方はしないわけですから、ほかの観光スポットなり、なんなりを組み合わせた観光巡りルートも組み立てなければいけない。

その上で、人々に知られないといけないわけです。

 

19世紀、ナポレオンがエジプトに出征したとき、スフィンクスは肩まで砂に埋もれていました。もう少し放置していたら頭まで埋まっていたでしょう。
それを掘り出したからこそ、世界レベルの観光資源となっているわけです。

 

どんなに歴史的価値があっても、面白いものであっても、観光資源化されていなければ、観光資源としての魅力は成り立ちません。

ここで、私独自の観光資源化の尺度を公開します。

 

観光資源化の尺度

1:そこにあるだけ、地元の人たちが価値があると思っているだけ。

2:たまたま訪れた人も面白い、楽しいと思える「訪れる価値」がある。

3:口コミなどで、普遍的に「訪れる価値がある事」を証明され始めている。

4:認知され始め、近隣観光地を訪れる人の「一つの目的地化」している。

5:広く認知され、「重要な目的地化」している。

 

それぞれの段階で、取り組み方は異なります。
「わが街(町、村)の観光資源」は、観光資源化のどこにあたるでしょうか?
どうぞ、皆様の「観光資源」を「観光資源化」して、楽しい我が国を作ってください!

観光周りの統計が相変わらず面白い

はい、お久しぶりです。BANANA FISHのショーターのヘアスタイルが気になって仕方がないうちに、そろそろ最終回を迎えそうな今日この頃ですが、いかがでしょうか?

ところで、9月にひっそりと旅行関連のマーケターにとって重いデータが「こっそり」出ているのをご存知でしょうか。

訪日外国人旅行者の受入れに関する調査結果(第一弾)の公表

 本調査では、日本版DMO等に対する書面調査(資料1)及びヒアリング調査を行うとともに、日本版DMO等におけるデータ活用に向けた試行として、訪日外国人旅行者の滞在データを把握・整理しました(資料2-1~4)。

 DMO様に対しては「頑張ってください」と言う感想で流しますが、ここにある、

資料2-2(宿泊旅行統計調査の調査表情報の再集計)

というデータが、観光系マーケターが欲しくてほしくてたまらなかった、市区町村レベルで再集計された延べ宿泊者数が掲載されています。

計算式はよくわかりませんが、タイトルから推測するに、収集されている宿泊者数報告を、市区町村レベルで再集計したのだと思います。

 

自治体の「観光ビジョン」なんて見ると、都道府県の延べ宿泊者数をベースに、仕方なく分析しているレポートが多く「作るも涙、見るも涙」な感じですが、これでだいぶ楽になると思います。

最近は「観光予測プラットフォーム」という統計サイトが市区町村レベルの延べ宿泊者数を推定しており、それをRESASでも見ることができます。しかしデータソース非公開なので、どうなんだろうな~、と大方の方が眺めているのかどうか分かりませんが、あまり引用されているのを見たことがありません。

今回は堂々の総務省様が公表していただいたわけです。今は平成28年までのデータ。今後も継続的に再集計していただけると限りなくうれしい次第です。(というか、普通に公表してほしいですが)

 

で、ざらっとこのデータを見たところ、だいぶんと今まで想像していたのと違うなぁと。延べ宿泊者数が、RESASに乗っている推測データより、はるかに多い市区町村もあれば、なんだか恐ろしく寂しい市区町村も。

 

観光施策を考えるにあたって、その地域の宿泊者数は結構大きな要素なので、この数字が与えるインパクトは計り知れません。

特に、「うちは観光資源が豊富で、きっと観光客が周辺より多い!」と意気込んでしまっていた自治体が、再集計された統計を見たら、それほどでも無かったら…想像するだに恐ろしいです。

というわけで、冒頭申し上げた通り、「こっそり」上がっているところが、なかなか自治体のこれまでの観光施策と調和に配慮されている感があって、痺れる次第です。

Banana fish...アニメ版も空の描写が綺麗でよかった

眠れなくてアニメのBANANA FISHを見た。

時代設定が変わっていて、スマホとか出てきます。

ストーリーはうろ覚えでしたが、だいたいこんな感じだったなーと(エピソード5まで)。

で、コアなファンはいろいろと、おっしゃりたい事もあると思いますが、ワタクシはこのBANANA FISH アニメは当たりでした。

理由は2つ。

1)「空」が綺麗
原作の番外編のある話が、最後にショーターが広大な空の下にいるカットで終わるのですが。。。その時の空の描写が見事。「あぁ、この作者は空の絵が素晴らしいな」と思った記憶があります。

アニメも、空が綺麗です。病院のシーンの空を見て、「よしこれだ」(?)と思ったわけです。

2)EDテーマがよろしい

EDの歌が素晴らしいですね。タイトルのPrayer Xからして、King Gnuは分かってらっしゃる感が。

 

そして、この本自体、私は結構、思い入れがあるというか、なんというか。
アニメが良くて良かったです。。。

これの原作を読んだのは、学生時代、同棲していた彼女の家でした。
結局、その彼女とは死に別れ、、、様々な出会いと別れがあって、、、今、BANANA FISHを思い出してみると、当時読んだ時とはまた違う感想になりますね。

人は、アッシュやエーちゃん、シンのように、出会いと別れを重ねながら生きていく。

折々に出会った事をふと思い出し、時には苦しみ、時には愛おしさを感じながら、時間を旅していくのでしょうか。

もちろん、今が大事で、これからはもっと大事ですし、そうしないと生きて行けないのが人間です。でも、過去の時間というのは、「愛おしさ」を感じるのです。

あの頃、彼女との楽しかった旅行。病院での衝撃。。。その後の灰色の視界。
何とか生きて、新たな出会い、別れ、今となっては、苦しくもあり、愛おしくも感じる思い出。

その思い出の中にあるBANANA FISHが、美しいアニメになっていて、良かった。

 

日本のセキュリティ意識はあと100年くらいかかりそう

news.mynavi.jp

インチェック様のせいもあるのでしょうが、セキュリティ関連の記事が再び目立つようになって来ました。

 

この記事では「まずはオペレーション」と、ごもっともなお話。

残念ながら、最近はマイナンバーの取り扱いが気になって仕方がない。

中小企業や、〇〇法人などで提出するマイナンバーは、

 

・むきだしで手渡しされる、専門の担当者もいない(私が渡したのはアルバイトさん)

・机の上に放置されていたりする(それは某所で目撃した)

 

という状況です。上場企業の方が聞くと腰を抜かすとおもいます。

ですが、上場企業と中央官庁以外にお勤めの方以外、何がやばいかもわからないと思いますよ。実際、指摘しましたけど「え?そうなの?」と言われました。

 

サイバー攻撃とかセキュリティとか、そういうレベル以前。

意識をちゃんと持っていくまでが大変、果てしない道のりです。

仕方がありません、あきらめずにやって行くしかありません。

ネットで海外展開…そんな簡単じゃありません!

j-net21.smrj.go.jpおっしゃる通りです。プランニングが出来たら、かなりの間は、貿易実務面は実績のある商社に任せるのが一番良いでしょう。

 ここに書いてある「リスト規制」とか「キャッチオール規制」とか、普通の人は分からないでしょう。

 

つか、海外進出コンサルタントでも結構、知らない人います…そんなコンサルタントに頼り切ってしまうと、日本の法律はくぐれても、海外の法律はくぐれません。

 

特に、やばいのは送金ルール。日本国内と同じようにぼーっとしていたら、企業の生命線であるお金周りのリスクにさらされることになります。はっきり言って、各国、ビジネスを展開できる国は、お金の移動はすげー厳しいです。

 

越境ビジネスが、そうそう簡単なら、日本の98%くらいの企業は越境ビジネスで儲けられるんじゃないですか~?品質も高いし、モノも良いし。