ぽじトーク!※ある流浪のマーケターのポエミーブログ

ポジションではなく、ポジティブトーク。

飲食店の倒産・・・これ結構やばいですね

 

昨年の約2割増しで倒産したそうです。多くは中小零細ですが、KENNEDYなどの大物も倒産したのは、2018年1月の今は記憶に新しいのではないでしょうか。

しかし、だいぶんと飲食店は厳しい状況に置かれていますね。

調査データを見ると、リーマンショックの不況の波が来た、2009年の倒産件数を見てみると、だいたい同じくらい。

倒産件数の波は、業界不況のバロメーターとして何となく流れを読めますので、これ、結構やばいと思います。

つまり、株価が上がれど、庶民の生活には不況の波が、(心理的に?実際に?)来ているようです。外食を月に3回行っていた人が、月1回にするだけで、飲食業界全体が、その人から得られる売上が1/3に激減します。

なんとなく上手く行ってなければ、もう一度、自分のお店に来てもらう、お客様について考える必要があります。考えて、動かないと、倒産します。

たとえば、「月1回の人にたくさん集まってもらう」のか、「月2回に増やしてもらう」のか、「いやいや、そんな不況関係ない人に集まってもらう」とするか。

ライバルも同じく弱っているので、今こそ、あなたのお店、あなたのサービスの魅力をフルに発揮して、逆転の発想で繁盛してしまう、くらいの大胆な事が必要なタイミングです。

ではでは。